「年金の早割」納付で国民年金の支払額が年間600円安くなる!

「年金の早割」納付で国民年金の支払額が年間600円安くなる

年金の早割

毎年、国民年金の保険料の支払額は増加する一方です。

自営業者や主婦、20歳以上の学生を抱える家庭にとっては大きな痛手となります。

こんな増え続ける国民年金ですが、「年金の早割」納付をすれば、年間600円ほど支払額が安くなります。

年金の早割とは、通常よりも1ヶ月ほど早く国民年金を納付することです。

年金の早割をすると、月々支払う年金額が50円安くなります。

50円×12ヶ月=600円

つまり、年間600円ほど国民年金の支払額が安くなります。

「年金の早割」の申し込み方法

年金の早割をする方法はいたって簡単です。

国民年金の振り込み用紙の「振替方法」で、以下の4つの中から

  1. 毎月納付(翌月末振替)

  2. 6ヶ月前納

  3. 1年前納

  4. 毎月納付(当月末振替による早割)

「4」の「毎月納付(当月末振替による早割)」を選ぶだけ。

国民年金の振り込み用紙

口座振替の場合には、基礎年金番号の記入が必要なので、年金手帳や納付書で基礎年金番号を確認しましょう。また、金融機関届出印の押印が必要となります。

また、日本年金機構の口座振替 早割のページでは、PDFファイルで申し込み用紙をダウンロードできます。

1ヶ月ほど国民年金を早く納付するだけで、他の人よりも毎月50円、年間600円ほど安くなる「年金の早割」でお得に!

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

生命保険の選び方 生命保険を賢く選ぶために知るべきこと

看護学校の病院実習で学生は居場所がない